アトリエ・ローネ ~atelier Rohne~

手作り石けん・アロマクラフト・布小物教室☆ アトリエ・ローネのページです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミシンのお手入れ☆

ちくちくのお仕事の方でミシンの修理も受けていますっ
あ、私は修理は出来ませんのでいざ修理となったらメーカーさんへお渡しとなります!

ただ修理の前にお客様のお持ちになったミシンを動かしてみてどんな感じかな?
と調子を見るところまではやっています。

綺麗に縫えない、とか糸調子が悪い、とか明らかに壊れているのとは違うかな?って時は釜の掃除をするだけで綺麗に縫えるようになる場合がとても多いです。

私のミシンは職業用なので家庭用ミシンと少し違いますが…

板を外してボビンケースの周りに付いたホコリを取ってあげます♪
500IMG_4234.jpg
ミシンを購入したときに掃除用のブラシが付いていたと思います。そのブラシでホコリを取り除いて下さい
500IMG_4235.jpg

外した押さえ板の裏側にもホコリが付いていたら綺麗にして下さいね(^-^)/
500IMG_4236.jpg

そして意外と多いのが糸も針も何年前のものか解らないの~~ヽ(´▽`)/
って方(*´▽`*)
釜の掃除をして針と糸を新しいものに変えただけで調子が良くなる場合もわりと多いです☆
ビスで板を外すのはちょっと面倒かもしれませんがホコリが付いていると釜が正常に動かなかったりとか…
色々と故障の原因になりますのでこまめにお掃除しましょうね(^-^)/

昔の家庭用ミシンは油を挿していましたが今のコンピューターミシンはミシン油を挿す所がありません。
ミシンを動かす事によって油が回るように出来ているからです☆
なので新品で買ったまま何年もミシンを動かしていなければ油が固まって故障の原因になる場合もあります。
せっかくのミシンですのでちょくちょく動かしてあげて下さいね♪

他にも、厚地の生地を無理やり縫ってミシンにダメージを与える。。とか
針を折ってしまった。とか。。

針が折れると目には見えない小さな欠片が釜の中に入り込んでしまうと糸調子が合わなくなったり故障の原因にもなりますので無理はさせないで下さい☆

もし、しばらくミシンは使わないかな?って時には是非ミシンのお掃除をしてから仕舞って下さい。
次に使うときに安心して動かせると思います♪



スポンサーサイト

| ちくちく | 08:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。