アトリエ・ローネ ~atelier Rohne~

手作り石けん・アロマクラフト・布小物教室☆ アトリエ・ローネのページです

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オイルについて

【ご注意】
オイルについての記事は一般的に言われている事柄であり、石けんに使用した際の効果・効能ではありません。


☆オリーブオイル☆
オレイン酸を約70~80%、リノール酸は約5~10%ほど含まれ、ビタミンAやビタミンEも含まれたオイルです。心身ともに消耗し疲れきった人に役立つオイルと言われています。乾燥肌を保護し、しわやシミの予防、お肌の柔らかさを保つオイルと言われています。

☆ココナッツオイル☆
ココヤシの果肉から得られるオイルです。
アーユルベータの火傷、抜け毛等に使用されます。
石けんに使用する場合は、ラウリン酸とミリスチン酸を多く含むため、泡立ちを良くするために使用しますが、
お肌に対して少しの刺激があるとも言われています。

☆パームカーネル(パーム核)オイル☆
アブラヤシの果肉の中の核からとれるオイルです。ココナッツオイルと性質が良く似ている為、泡立ちを良くするために石けんに使用します。
お肌に刺激となるカプリル酸・カプリン酸がココナッツオイルよりも少なく、保湿成分がやや多く含まれます。

☆パームオイル☆(ホワイト)
アブラヤシの実の果肉から採れ、脱色精製したオイルです。
お肌に対しての効用のあるオイルではありませんが、石けんに使用した場合溶け崩れの少ない硬い石けんに仕上がります。

☆レッドパームオイル☆アブラヤシの実の果肉から採れた、脱色精製していない真っ赤なオイルです。
天然のカロチンとビタミンEが豊富に含まれ、荒れた肌や傷の修復に役立つオイルと言われています。
ニキビ肌や脂性肌にも効果があると言われています。
ホワイトパームオイルと同様に石けんに使用した場合、溶け崩れの少ない硬い石けんに仕上がります。

☆カメリアオイル(椿オイル)☆
オレイン酸が約85~90%と多く含まれる為保湿効果が高いと言われています。またリノール酸が少ないため酸化しにくい安定したオイルです。
紫外線からお肌を守り、頭皮への栄養、弾力を与えるオイルと言われています。

☆スウィートアーモンドオイル☆
オレイン酸が約60~80%、リノール酸が約20%含まれます。
赤ちゃんから敏感肌の方まで幅広く使用できるオイルです。
ビタミンA,B1,B2,B6等も含まれる為、抗炎症・保湿・皮膚軟化作用があると言われています。

☆マカデミアナッツオイル☆
オレイン酸が55~70%と多く含まれる為、保湿に優れています。またリノール酸が極端に少ないため酸化しにくい安定したオイルです。
人の皮脂に含まれるパルトミレイン酸が10%以上含まれる為、消えてなくなるオイルと言われ、皮膚の若返りを助けアンチエイジングに役立つオイルと言われています。

☆ホホバオイル☆
ホホバオイルとは、正確には植物性の液体のロウで「ワックス」です。このロウは人の皮脂の成分としてあるため非常になじみがよく、皮膚呼吸を妨げない皮脂膜を作ります
主成分は高級脂肪酸と高級アルコールからなるエステルで、さっぱりとしていて油っぽさを感じさせません。
皮脂バランスを整え、シミ・しわを防ぐと言われています。また、抗炎症作用があり、筋肉痛にも良いとされるほか、
紫外線からお肌を守る作用もあると言われています。
スポンサーサイト

| オイルについて | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |